まいにちジョギングパート176

 2012-01-21
今晩わ、DBユーヤです。まいにちジョギングしてます。デモ今日は雨の影響で走れませんでした。仕方ないのでWiiFitでジョギングしました。20分6.7km走りました。因みに父ちゃんはもう走ってたらしいです。お疲れ様。

おまけ記事・ミス連発の大学受験。再試験でまたミス

再試験終わる また一部でミスが

1月21日 19時31分

問題用紙の配付ミスにより、過去最多の受験生が再試験の対象となった大学入試センター試験の地理歴史と公民で、21日、再試験が北海道から沖縄まで全国46の試験会場で行われました。このうち埼玉県川越市の会場では、大学入試センターの判断ミスで受験生1人がいったん受験を拒否されたのに、その後一転、受験を認められ、およそ4時間繰り下げて別の会場で再試験を受けるトラブルがありました。

今月14日と15日に行われた大学入試センター試験では、初日の地理歴史と公民で問題用紙の配付ミスが全国81の会場で相次ぎ、過去最多となる3452人の受験生が再試験の対象となりました。21日の再試験は、大学入試センターが各会場に改めて試験の方法を周知したうえで、北海道から沖縄までこれまでで最も多い46の会場で行われました。このうち沖縄県宜野湾市の沖縄国際大学の会場では、14人の受験生が再試験に臨みました。会場では、午前9時半からの試験開始前に、地理歴史と公民の2種類の問題用紙がきちんと行き渡っているか確認したり、試験を受ける際の注意事項などを説明したりしていました。都内の大学で受験した1人は、「私立大学の入試に向けた勉強もしなければならなかったので、再試験を受けるかどうか悩みました。本来受験生にとっては1度しかない試験なので、今後はきちんとやってほしい」と話していました。一方、埼玉県川越市の東京国際大学では、訪れた受験生1人について、「事前に受験の希望を伝えていなかった」という理由で大学入試センターが受験を拒否しました。その後、大学入試センターが判断ミスに気がつき、一転、受験を認め、自宅に帰宅していた受験生を東京・目黒区の大学入試センターに連れてきて、およそ4時間繰り下げて再試験を受けさせるトラブルがありました。大学入試センターで受験生が試験を受けることは過去になく、異例な対応になったことについて入試センターは、「受験生の意思確認が不徹底だったにもかかわらず、最初に受験を認めなかったのは申し訳ない」と謝罪しました。地理歴史と公民の21日の再試験は、時間を繰り下げて受けたこの受験生を含めて、合わせて212人が受験したということです。


(NHKニュースにて http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120121/t10015441121000.html)

再試験終わる また一部でミスが
関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/908-f2067341
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫