FC2ブログ

夜&いったいどっちなんだよ!地球が滅亡する日は!?

 2014-01-12

星の生命居住可能領域、従来説より大きい可能性 仏研究
2013年12月13日 09:28

【12月13日 AFP】悪い知らせと良い知らせがある──悪い知らせは「地球の海が将来、干上がってしまう」こと、良い知らせは「それが起きるのが10億年ほど先」ということだ。 これは11日に英科学誌ネイチ……
≫続きを読む

(c)AFP/NASA

The Earth seen from Apollo 17.jpg
 
こんばんは、さっきまで大相撲初場所初日見てたゆーやです。去年(2013年)12月英科学誌ネイチャー(Nature)で発表された、いわゆる「ゴルディロックス・ゾーン(生命居住可能領域)」に関する最新の研究により導き出された結論によると、約10億年で地球の表面にある液体の水は完全に消滅、干上がった地表だけが残されると結論つけました。でも、同年7月の英王立天文学会(Royal Astronomical Society、RAS)主催の天文学会議で、同大の宇宙生物学者ジャック・オマリージェームス(Jack O'Malley-James)氏は液体の水が完全に干上がるのは約28億年後とか結論付けてました。ちなみにWikipedia版では約30億年後になってました。ほぼ科学的に未来を予測してるからほぼ文句は言えないが、いえることがあるとすればいったいどっちなのかはっきりしてほしいことと、ノストラダムスやマヤ文明の終末予言を連想させるほどの内容にしないでほしいことです。それだけでほぼムカつきます。わかんなくなります。
 

星の生命居住可能領域、従来説より大きい可能性 仏研究
2013年12月13日 09:28 発信地:パリ/フランス (AFP通信社)
20億年後「地球を継ぐ」のは微生物
2013年07月02日 14:10 発信地:パリ/フランス
 
今日の相撲、稀勢の里が豊ノ島に初日で負けるなど波乱含みでした。不安になってきた、稀勢の里が横綱になれるのかどうかが!

関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/6815-9a6b9041
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫