FC2ブログ

おはようございます、

 2014-01-03
出生数の減少が止まらない。年頭に発表された厚生労働省の推計では、昨年の年間出生数は103万1千人で戦後最少を更新する見通しとなった。100万人の大台割れも時間の問題だ。毎年200万人以上生まれた団塊ジ……続きを読む
駅伝見る? ブログネタ:駅伝見る? 参加中
私は見る派!
本文はここから

あけましておめでとうございます。今日も駅伝見てる。


 
産経ニュース
産経ニュースが年頭に発表された厚生労働省の推計による少子化について有史以来の「最大の国難」の一つと危機感を示しました。100万人を下回るのはもちろんのこと、50年後には50万人を下回り、100年後には24万人ほどになるとの予想もあるほどです。戦時中の「産めよ殖やせよ」へのアレルギーから、政府が結婚、出産に関与することへの反発が強く、国会議員や官僚が及び腰だった影響についても批判してます。
 
「出産可能な女性が急速に減り、出生数の大幅増加は難しい。少子化を止められなければ、いつの日にか日本民族は滅び、国家も消滅する。」
 
「自治体や企業には、男女が自然に交流できる出会いの場を積極的に提供することを求めたい。ネットの普及で情報は増えたが簡単には結婚に結びつかない。職場などで縁談を勧める「世話焼き」の復活も大事だ。
 
「 何よりも重要なのは、家庭を築く楽しさを社会全体で再確認することだ。結婚や出産の厳しさを知って尻込みする人もいる。既婚者は、家庭を持った喜びや充実感をもっと語ってもらいたい。」
 
 「独身者の9割が結婚を望み、平均2人以上の子供が欲しいと考えているとの調査結果がある。数百人規模で若者男女が出会う「街コン」が定着し、妊娠や出産に向けて準備を行う「妊活」なる言葉も登場した。こうした機運を逃す手はないだろう。」
 
 「むろん、結婚も出産も個人の選択である。だが、1人の女性が複数の子供を産まない限り少子化に歯止めはかからない。安倍首相は及び腰姿勢を払拭し、国民が希望する「2人以上の子供が持てる社会」の実現に向け、まずは「出生率2・0」の回復を政府目標とすべきだ。大胆な政策をオールジャパンで進めてほしい。」
 
結婚も出産も子育ても楽しめ!アホ総理(安倍総理)は及び腰じゃないと思うけど、軍備や経済などのことでほぼ後回しになるかもな。出生率増加政策自体は。
 
止まらぬ少子化 家庭築く楽しさ語ろう 「衰退」の危機克服へ目標値を
2014.1.3 03:06 (1/3ページ)[主張]
止まらぬ少子化 家庭築く楽しさ語ろう 「衰退」の危機克服へ目標値を
2014.1.3 03:06 (2/3ページ)[主張]
止まらぬ少子化 家庭築く楽しさ語ろう 「衰退」の危機克服へ目標値を
2014.1.3 03:06 (3/3ページ)[主張]

関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/6757-5fcc3009
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫