ただいま帰ってきました

 2011-12-02
こんにちわ、DBユーヤです。ただいま修行から帰ってきました。ほぼいつもどおりでした。来週も行く予定です。もちろんそのときもps3持って行きます。


あと、今日痛いニュースでオーストリアにSEX専門学校が早ければ来年1月に開校する記事がありました。皆さんは行きたいですか?

オーストリアに欧州初のSEX専門学校が開校…16歳以上なら参加可。日本人の参加を熱望

1 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/01(木) 22:41:08.32 ID:dHwFkJp10
1今年2011年の12月中旬にヨーロッパ初のSEX専門の学校が誕生する。授業には16歳以上ならだれでも参加することができる。来年1月9日から始まる1学期では、5つの基礎クラスと、3つの週末のみの短期集中セミナー(こちらはカップルのみ参加可)が開かれる。一学期に200時間の授業を行うことを目標としており、授業料は一学期1400ユーロ(日本円:約14~15万円)である。(宿泊代と避妊具も込み。)

校長先生に代わってインタビューを受けたMelody Kirsch氏によると、「授業ではSEXに関しての理解力を深めたり、体のトレーニング・筋肉を鍛えるなどもします。そしてより 自分の才能を見つけ出すことが重要になりますね。」とのこと。

この学校の校長先生とも言われるYlva-Maria Thompson氏(スウェーデン出身)は、80-90年代のアダルト番組で司会者を務めていたテレビ界でも有名な人物。もちろん、この校長先生直伝の授業もある。

「この授業はカップルのみの授業ではありません。もちろん一人でも参加は可能ですよ。私たち、日本人の参加を一番楽しみにしているんです。なぜかって?日本人は特に恥ずかしがり屋さんだと思いますからね。まだ1月からの授業には空きもあるし、インターネットで申し込みができるのでぜひ積極的に参加してほしいんです。」と、またMelody。ウィーンのどこかにある学校の住所も参加者にしか公表されない。

http://blog.livedoor.jp/trans_vienna/archives/4913646.html
 
校長のYlba氏
1

初の授業のスタートは来年2012年の1月8日。
各クラスの生徒は最高35名までで、現在申請している生徒は30名。

またこの学校からは、日本人の授業参加へのラブコールがされており、
各記事でも「Japaner(日本人)」という言葉がちょこちょこ記事の中で目立っている。

http://blog.livedoor.jp/trans_vienna/archives/4913646.html

あと、もうひとつ。流行語大賞にトップ10をはたした楽しんごサンがこんなコメント残してます。

<楽しんご>流行語大賞の“一発屋ジンクス”気にせず 芸能界には「未練なし」

まんたんウェブ 12月2日(金)6時0分配信

<楽しんご>流行語大賞の“一発屋ジンクス”気にせず 芸能界には「未練なし」
拡大写真
「2011ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに持ちネタ「ラブ注入」が選ばれた楽しんごさん
 今年流行した言葉を決める「2011 ユーキャン新語・流行語大賞」が1日発表され、お笑い芸人の楽しんごさんの持ちネタ「ラブ注入」がトップテン入りし、楽しんごさんが喜びを語った。芸人のネタが同賞にノミネートされると人気が落ちるというジンクスがあるが、「意外とまだ消えないんだな」と自虐ネタで報道陣を沸かせ、「とりあえず、来年そう(人気が落ちたら)だったら、普通のオカマに戻って、整体師やろうかな」と話し、芸能界には「全然未練ないんですよ」と言い切った。

【写真特集】「ラブ注入」が流行語に 楽しんごさんらが登場した表彰式の様子

 「ラブ注入」は、このネタで楽しんごさんが新しいファン層を開拓、独自の「いじられ」タイプで小学生などの年少世代を中心にファン層を広げたということで選ばれた。楽しんごさんは今後のネタについて「必死に次のネタ考えて、すべるんだったら、やらない方がいい」と消極的だったが、「もし頑張れたら頑張って、来年も皆さんにお笑いと癒やしを与えられたらな」と話した。物まねをしている俳優の東幹久さんには「ファクスで報告しようと思います。ファクスとか手書きの方が丁寧かなと思って。電話だと緊張しちゃうので」と笑顔を見せた。

 大賞を取りたかったかと聞かれると、楽しんごさんは「そんなことないですよ」と謙遜したが、東さんの物まねで「めっちゃ取りたかったですよ。まじ取りたかった、なんてね」とおどけた。大賞を受賞した「なでしこジャパン」こと女子サッカー日本代表の澤穂希選手とも親交があるが、「女の子同士みたいな付き合い。クリスマスはもしかしたら鍋パーティーするかもしれない」と語り、「実はさっきまでランチしていたんです。一緒に(授賞式に)連れてくればよかった~」と明かし、報道陣をがっかりさせていた。

 「現代用語の基礎知識 選 2011 ユーキャン新語・流行語大賞」は、10年12月1日から今年11月末までに発生したさまざまな新語・流行語の中から、「より軽妙に世相をついたもの、また強烈なインパクトで世上に喧伝(けんでん)されたもの」に対して、その言葉の発生源周辺の人物・団体を顕彰するもので、「現代用語の基礎知識」編集部調査で候補語60語を選出し、選考委員会でトップテンと年間大賞を選出。今年のトップテンは「帰宅難民」「絆」「こだまでしょうか」「3.11」「風評被害」と震災関連の言葉が半数を占め、そのほかに「スマホ」「どじょう内閣」「どや顔」が選ばれた。(毎日新聞デジタル)
 
関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/674-7d8bf711
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫