ネトウヨ(ネット右翼)に俺は目覚めた(なっちまった)かもしれない?

 2011-11-28
今晩わ、DBユーヤです。
俺はネット右翼に目覚めちまった(なっちまった)かもしれない。理由は後述

まずはネット右翼とは何か説明

ネット右翼はある一定の傾向をもった人々に対して使われる言葉だが、それらがどんな傾向を持つかについては言葉の使用者によって様々である。
デジタル大辞泉の解説のように、保守的、国粋主義的な意見を発表する人々をネット右翼としている[2]ものがあれば、ニューヨークタイムズのように、自分たちの生活状況への落胆を外国人排斥へと繋げている青年[3]をネット右翼と捉えているメディアもある。漫画家の小林よしのりもネット右翼を「年収200万円以下の下層」と表現しており、貧困との関連付けが見られる。[4]朝日新聞では、自分と相容れない意見にコメントを繰り返し書き込む人をネット右翼とし、彼らの意見が概ね右翼的であるためそう呼ばれているのだとしている。[5]その一方で、このようにネット右翼を右派、左派といった枠組みで捉える言説についての反論もある。社会学者の北田暁大は、2ちゃんねる上などで観測される「ウヨ厨」の振る舞いについて、本来は彼らの嫌うマスコミなどへのアイロニカルなコミュニケーションだったものがやがて右翼的な発言をコミュニティ内で連鎖させること自体が目的化した形式主義的なもの(つながりの社会性)へと転化しており、発言内容自体の政治的な右/左の枠組みではその本質を捉えられないとしている[6]。社会学者の鈴木謙介も北田の説を支持し、それらの振る舞いはネタを共有することが目的化しているのだと述べている[7]

右派・左派と別種の枠組みで捉えるものといえば、「ニート、引きこもり」との関連付けを指摘するものがある。近藤瑠漫は、「ネット右翼」はニート引きこもりなどの負け組あるいは負け組予備軍として、社会から蔑視されている人々であり、被差別者などを自分たちより更に劣った存在と判断し、そういった人々が見れば不快に感じるような事柄をインターネット掲示板などに投稿し、ネット上で類似した仲間と話し合う事で現実逃避しているものと主張している[8]

上記と異なるのが、劇作家鴻上尚史の見解である。鴻上はネット右翼を「古きよき日本(=社会ではなく世間)」を維持、あるいは復活させようとしている存在であると捉えている[9]。また、「ネット右翼の代表」を自称する「瀬戸弘幸は、ネット右翼をニートや引きこもりと関連付ける言説は、左翼やマスコミの決め付けであり、彼ら(ネット右翼)は全く普通の会社員や学生であると主張している[10]

安田浩一は近年の保守思想の一潮流である行動する保守を「街頭に出たネット右翼」と捉えている[11]。また、行動する保守を標榜する「在日特権を許さない市民の会」を、ネット右翼がデモや集会に集まる団体と紹介している記事もある[12]

日本のネット上での右傾化については匿名掲示板「2ちゃんねる」を中心にいくつか論考が著されているが[13]、辻大介大阪大学准教授の調査によれば「ネット利用者全般というよりも特に2ちゃんねる利用が排外的ナショナリズムと関連し(ており)、2ちゃんねるの利用はネット上の悪口や過激な書き込み、炎上に対して許容的な態度と有意に関連している」としている[14]

また辻は、ブログや電子掲示板等で積極的に情報発信をおこなうネット利用者における右傾的傾向をいわゆる「ネット右翼的」と操作的に定義した上で調査を行ったところ、ネット右翼的な層はネットの外でも署名・投書・募金や集会出席などの「リアル」な活動に積極的な傾向がみられた。このことから「“ネット右翼”はネット特有の現象というよりも“リアル”と地続きの現象であり、これまでは目につきにくかった“右翼”的な潜在層がネット上で可視化されたととらえるのが適当かもしれない」としている[14]

次は俺がネトウヨに目覚めたかもしれないと思ってるわけ

次はなぜ俺がネット右翼に目覚めたかもしれないと思ってるわけ、それはこのブログから
 

2009年9月6日日曜日
身内にネトウヨがいる人が集い心境を吐露するスレ4

 

1 :名無しさん@3周年:2008/12/27(土) 11:15:32 ID:jHhHFgcL

私の場合、家族に一人ネトウヨがいます……。
勉強について行けなくなり大学を中退。
専門学校を卒業後就職するも、会社でいじめに遭い、配属後二ヶ月くらいで退職。
現在は家に寄生しながらフリーターを続けるという、コピペのようなスペックです……
嘘だと思われる方もいらっしゃると思いますが、本当です。
フリーターの分際で実家に帰る度に以下のようなことを私に口走り、実にゲンナリします。
・外務官僚は売国だらけで無能! ←フリーターが東大卒の官僚を無能扱い……
・ミンスが政権を取ると、中韓に主権を委譲し、日本が乗っ取られる! ←リアル会話で「ミンス」……
そんな人間を身内・周囲に抱え、悩みや怒りを抱いている人々が、心境を吐露するスレッドです。

前スレ
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1249647870/
続きは>>2~>>14あたり
2 :名無しさん@3周年:2009/08/28(金) 04:22:29 ID:fafD1p8+
〓教育相談~外国を侮辱する暴言を吐く息子〓
【質問】:兵庫県、女性
高校1年生の息子のことでご相談します。テレビで北朝鮮や中国などの外国の報道をみては、両国をはじめ外国を酷評し、最後には「あんな国なんか無くなっちまえ」などと暴言を吐き、聞くに耐えません。
「他人を悪く言うのはよくないよ」と親の気持ちは伝えてきましたが、これに関しては反抗的態度を取るばかりです。
先日父親が厳しく指摘したら、激しく反抗し取っ組み合いになりそうでした。
外でおおっぴらにこのような発言はしていないと思いますが、このような狭い了見では、とても人様とは上手くやっていけないだろうと心配です。
息子の言動をどのように考え、どのように接して行けばよいでしょうか。
【回答】:大阪学院大学助教授
お母様の心配はもっともであり、さぞかしご心痛のことと察せられます・・・。(以下略
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/qanda/consul/20061020wn02.htm
3 :名無しさん@3周年:2009/08/28(金) 04:23:26 ID:fafD1p8+
〓父親がネット右翼になってしまいました〓
教えてGOO!質問投稿日時:2008/11/02 21:20
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=4449057
テレビで中国や韓国の名前が出ただけで、嫌味、皮肉、中傷、ひどいものです。
で、あんまり毎回毎回なので、しつこくてうんざりしてしまって、もうテレビ消すよって言ってしまったんです。
それまで笑って一緒に見ていたのに、一瞬にして売国奴のような扱いをうけました。というか、私の人格を全否定されました。お前のようなやつは一生人から嫌われて生きていくんだとものすごい剣幕でした。
この変わりようがとってもとっても怖いです。精神を病んだのかもと思いました。本当に怖かった…。
そのような父親をもって、とてもつらいです。以前は温厚な、大人しい人間でした。
みなさんは、何が父を変えたのだと思いますか?
ネット右翼から抜け出させる、最低でもネットから離れた状態での誹謗中傷をやめさせることはできませんか?
私はこういう問題に興味がないので、左翼とかわからないですけれど、テレビをみて毎回聞かされているとうんざりです。
私ががまんしていればいいだけの問題なのでしょうか。
4 :名無しさん@3周年:2009/08/28(金) 04:24:32 ID:fafD1p8+
〓〓生活相談 「夫がネオナチです・・orz」〓〓
教えて!goo みんなの疑問、みんなで解決! 2002/05/09 01:40
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa266759.html
40代の夫は、いわゆるネオナチです。もちろん結婚するまで、このような強い思想を持っているとは知りませんでした。
ヒトラーを崇拝し、自らもそのような人物になりたい。自分の子供に、「ハイルヒトラー」と叫ばせたいと。
私もいろいろ勉強しました。現在でも、賛否両論、喧々囂々、さまざまな解釈がされていますね。
無知なときにはただ、独裁者であることと、大量虐殺を行った人物であることしか知らず、ただ恐れていましたが、少し勉強して、彼の生い立ちや、歴史的背景などがわかりました。
私の結論は言うまでもなく、ヒトラーはコンプレックスを大きく抱えた異常者であるということです。
(差別をあのように現実化する)どんな言い訳も、通用しないと思います。
また、形式美をたたえる向きもありますが、愚の骨頂です。
もう何年も夫を説得してみましたが、変わりません。この際、個人の思想は我慢します。
でも子供に悪影響を及ぼすことだけが心配でなりません。
ヒトラー崇拝の方、なぜ?どんなきっかけでそのような狂った思想に?
教えてください。また、同じ境遇で、子育てされた方、経験談、アドバイスなどいただきたく思います。


このブログを見て俺は、俺はネトウヨになっちまってる(目覚めてる?)かもしれないと悟りました。でも、俺はネトウは心の病とは思ってません。信憑性が低いですからね。そして俺はネット右翼になってることに気づいたとき(俺は宇宙一のネット右翼になるぞって」って気持ちになりました。ネット右翼に俺はなるぞ!

関連サイト
航海日誌と批判・ネトウヨを軽く見てはいけない。深刻な心の病も
http://kuantan-bin-ibrahim.blogspot.com/2009/09/blog-post_9815.html
関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/661-088291d1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫