早ければ2010年代半にも増税!?野田総理が発言

 2011-11-14
今晩わ、DBユーヤです。
今日、GOOGLEニュースで」野田総理が早ければ2010年代半場にも増税すると発言しました。

消費増税「通常国会で成立期す」 首相会見
2011年11月14日 21:03 カテゴリー:政治

 【ホノルル吉田賢治】野田佳彦首相は13日夕(日本時間14日午後)、米ハワイで内外記者会見を行い、来年の通常国会に提出する消費税増税の関連法案について「提出する以上は成立に全力を尽くして目指す」と述べ、同国会での成立を期す考えを表明した。

 社会保障の財源確保は「どの内閣でも避けて通ることのできない、先送りのできない課題」として、2010年代半ばまでに段階的に税率を10%まで引き上げるとした社会保障と税一体改革の政府与党案の具体化を目指す考えを強調。与野党に法案成立への協力を求めた。

 環太平洋連携協定(TPP)交渉参加については「国民的な議論を経て、国益の視点に立って結論を得る」と述べ、関係国との協議と並行して、国内議論を続ける考えを示唆した。さらに「関係各国がわが国に求めているものは何なのかを、しっかり把握したい」と語り、慎重派の「交渉内容の情報が少ない」との批判に配慮して情報収集を急ぐ意向を表明。正式交渉入りを判断する際、政府や与党内の手続きが必要かどうかは言及しなかった。

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)が将来的に目指すアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)への道筋として、中国が提唱する東南アジア諸国連合(ASEAN)に日中韓を加えたASEANプラス3の枠組みなども、積極推進する姿勢をあらためて強調した。

 欧州の債務危機への対応については「欧州が固まって対応していくなら相応の協力をする用意がある」と述べた。

=2011/11/14 西日本新聞=

 

関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/587-570d67e7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫