日本だけでなくアメリカでも抗議デモが起きるほど反発してます

 2011-11-13
今晩わ、DBユーヤです。
日本で反発が強いTPP問題。実は日本だけでなくアメリカでも反発してます。しかも抗議デモが起きるほど日本よりも反発してます。

これが証拠記事

【速報TPP】 TPP協議入り伝達 「物品、サービス全て対象」 前のめり発言 反発必至 日米首脳会談で首相表明  (11月13日)

 野田佳彦首相は12日(日本時間13日午前)、日米首脳会談に臨み、米国のオバマ大統領に環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に向けて関係国と協議を始めるとの方針を説明するとともに、「全ての物品とサービスを自由化交渉のテーブルに載せる」との考えを伝えた。野田首相は国内では「守るべきものは守る」と述べてきた。しかし今回の発言は、厳しい自由化要求が予想される米国との事前協議などで日本に譲歩を迫る口実に利用される恐れがある。

 会談でオバマ大統領は、TPPに関する野田首相の発言に「両国の貿易障壁を取り除くことは、日米の経済関係を深める歴史的な機会になる」と期待感を示した。

 会談後、日本政府はこれらの発言を明らかにしなかったが、米国政府が文書で発表した。

 米国産牛肉の輸入規制問題も取り上げ、野田首相は「(食品安全委員会に諮問する準備を開始し)輸入規制の再検討と米国産牛肉の市場アクセス拡大に向けた手続きを始めている」(米国政府発表)と説明。オバマ大統領は「進展がみられることを歓迎する」と述べた。牛肉規制の見直しも検討を始めたばかりであり、首相の発言に国内では「先走りすぎている」との批判が出そうだ。

 一方、米国などTPP交渉参加9カ国は12日、当地で首脳会議を開催。オバマ大統領が大枠合意に達したことを宣言した。同大統領は「交渉チームに来年中に交渉を仕上げるよう指示した」ことも明らかにし、早期の妥結に意欲を示した。

 大枠合意を受けて国内のTPP推進派から、本交渉に早く参加できるよう事前協議の早期完了を求める声が上がると予想され、警戒が必要だ。

・TPPで格差広がる 現地で反対デモ

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開幕した12日(日本時間13日)、APECやTPPなどに反対する大規模なデモが当地で行われた。経済のグローバル(地球規模)化が貧富の格差を拡大していることへの怒りを、各国の首脳にぶつけた。「APEC出て行け」「TPPはやめろ」といったプラカードを掲げ、数百人がホノルル市内を練り歩いた。

 目的地は、オバマ大統領が滞在するホテル前。参加者らは「APEC(の首脳)よ、蜂起したわれわれの声を聞け」と叫び、反APEC・反TPPを訴えた。


この記事を見て俺は、先月のあの抗議デモを思い出しました(http://ameblo.jp/davidsunrise/entry-11036030414.html 参照]。日本だけでなくアメリカでもTPPに対してほぼ同じ意見を述べているようです。しかも、TPPだけでなく、APECも出て行けといってくるとは、アメリカはTPPだけでなくAPECも反発してます。日本もアメリカに便乗すべきだと思いますよ、絶対。
関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/581-3d1db34f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫