ついに表明、TPP参加

 2011-11-11
今晩わ、DBユーヤです。
ついに野田総理はTPPに参加表明しました。TPP参加が日本を崩壊へと導くシナリオが始まるかもしれません。守るものは守ると野田総理はいってますが。

「守るところは守る」首相、交渉参加に決意表明

読売新聞 11月11日(金)21時50分配信

 野田首相は11日の記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に向けた決意を表明する一方で、党内外に根強い慎重論への配慮も示した。

 首相は交渉参加の意義を、「貿易、投資立国である日本がアジア太平洋地域において、よりフロンティアを開拓していくところに意義がある」と唱えた。日本は長期の景気低迷が続き、経団連などは少子高齢化で伸び悩む内需に代わって外需に活路を求めるTPPが必要だとしている。首相の言葉には、「TPP参加は日本経済復活のラストチャンス」(首相周辺)という思いもにじんだ。

 一方で交渉に臨む決意として、「守るところは守り、勝ち取るものは勝ち取るという、国益を最大限に実現するために全力を尽くす」と強調した。母の実家が農家であることにも触れ、「母の背中のカゴに揺られながら、のどかな農村で幼い日々を過ごした光景と土のにおいが私の記憶の原点にある。世界に誇る医療制度、伝統文化、美しい農村は断固として守り抜く」と訴えて、慎重派に理解を求めることも忘れなかった。

Photo
環太平洋連携協定(TPP)交
Photo
環太平洋連携協定(TPP)交渉参加について記者会見する野田佳彦首相。首相は交渉への参加方針を表明。12日からのAPEC首脳会議の際に、米国など関係国に参加方針を伝える=11日午後、首相官邸(時事通信)
関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/574-eb4b1d82
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫