FC2ブログ

よしりんによる中東派遣論

 2020-01-11

確かに日本のタンカーを守るならやむを得ない!だが、それでいいのか?ともいえる。最悪戦争に加担する引き金になることもあるほどの諸刃の剣を多用するのはむしろ反対だ!それだけは言える。

2020.1.11 12:04日々の出来事

自衛隊派遣に賛成するしかないhttps://www.gosen-dojo.com/blog/24948/

自衛隊が中東の海域に派遣されるが、わしはこれに
賛成する。
全面的な賛成ではないが、自衛隊の士気にかかわるので、
今回は賛成せざるを得ない。

「中略」
日本のタンカーの安全航行を外国に頼るのは決して
独立国のふるまいではない。

現状の「属国憲法」がある限り、軍隊未満の自衛隊は
日本のタンカーも、自分自身の安全も守れるかどうか
分からない。

だが現状、自衛隊派遣はまったくやむを得ない選択だろう。
イランの司令官を殺害するというトランプ大統領の暴挙
によって高まった緊張感ではあるが、全面戦争にならぬ
ように歯止めをかける理性くらいはトランプに残っていた
ようだ。これなら戦争にはならない確率は高い。

むろん想定外の突発的な事件から戦争になる危険性は
残っているから、そのリスクを日本の自衛隊が抱えたまま
派遣されることになるが、「属国憲法下」ではこれが精一杯
だという政府の判断は正しいだろう。

安倍首相も中東に自衛隊派遣の説明に行ったようだし、
現状正しいと言うしかない
。「中略」枝野幸男は中東派遣は憲法問題じゃないと考えているよう
だが、冗談ではない。
明白な憲法問題である。
「属国憲法」から抜け出さねば、危険を承知で、自衛隊を
送り出すしかないのだ。
自衛隊員の命を蔑ろにしているのは、立民ら野党である。

関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/14001-677559b5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫