FC2ブログ

玉利は命知らず?

 2019-07-20

「今のところ、強い抗議を受けることもなく選挙運動を続けられています(笑)」

というセリフ見てたら玉利は運がいいだけといえるかもしれない。あと、ある意味命知らずともいえるかも。新基地建設「賛成」!?参院沖縄選挙区の候補者から考える、基地問題の「当事者」とは誰なのか|沖縄現地レポート(宮原ジェフリー)(選挙ドットコム) - Yahoo!ニュース

<玉利候補単独インタビュー>

宮原ジェフリー(以下、宮原):今回の選挙で一番訴えたいことはなんですか?
玉利朝輝候補(以下、玉利候補):辺野古区民として、一日も早く新基地を建設してほしい。その思いです。

宮原:県知事選挙や県民投票で多くの人が新基地建設には反対している、という結果が出ています。なぜ基地が欲しいのでしょうか。
玉利候補:第一に、世界一危険と言われている普天間基地を撤去させる最短ルートが辺野古に代替施設を完成させることです。過去60年間、キャンプシュワブの存在が近くにあり、基地に慣れ親しんだ辺野古区民がその責任を持とうじゃないか、という気持ちでいるのです。宮原:県全体が新基地建設反対、というムードの中、「賛成」の立場を明確にするのはとても勇気がいることだったのではないでしょうか。
玉利候補:「反対」という候補者がいるのであれば、「賛成」という立場もしっかり示すことが有権者にも必要なことだと思って正々堂々と訴えることにしました。
今のところ、強い抗議を受けることもなく選挙運動を続けられています(笑)
 

関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/13622-7fc2fc8b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫