FC2ブログ

ドローン規制法改悪に反対せよ!

 2019-05-16

衆院の委員会質疑はわずか2時間40分余り。本会議でもドローン規制法改正案は、あっさり可決された。野党第1党の立憲民主党内で賛否が割れたことが影響した。

 党として最終的に反対を決めたが、その後も「うちは賛成したんじゃないの?」と言う議員がいたほど。法案は今年のラグビーW杯と来年の東京五輪・パラリンピックのテロ対策を前面に掲げており、反対しにくい空気があった。党内と委員会審議で反対を主張した篠原豪衆院議員は「テロ対策をカムフラージュに使っている。報道機関まで規制するのは知る権利上、問題がある」と批判する。「技術はこれから飛躍的に進歩するのに、なぜ一律規制なのか」「中略」



 ■ ■

 ドローンの脅威は迫っているのか。首相官邸や原発上空の飛行を禁止する現行の規制法で検挙されたケースはゼロ。政府は自衛隊管理の飛行場上空を飛んだ1件、キャンプ・シュワブ上空で米軍ヘリに接近した1件を危険な事例に挙げるが、いずれも詳細は伏せたまま。攻撃の意図は確認されていない。

 金高望弁護士は立法の前提となる脅威があいまいだとみる。「完璧な安全を追求すればきりがない。例えば病院で転落事故を防ぐため、全ての患者をベッドに縛りつけることが果たして人権上許されるだろうか」と問う。

 「今回と同じようにテロ対策を掲げた共謀罪は計画段階の犯罪処罰を可能にし、人々の内心に踏み込んだ。次はドローン規制で目がふさがれる。安全が名目になると、何でも受け入れるような風潮が一番怖い」

 改正法案には、どんな基地なら飛行禁止区域に指定でき、どんな場合は飛行に同意すべきか、基準が一切書かれていない。全て防衛省、米軍、自衛隊の判断に委ねられる。

 14日、参院で法案の趣旨説明があり、実質審議入り。最短なら17日に成立、6月中旬に施行される。(東京報道部・又吉俊充、編集委員・阿部岳)=おわり

 ワンポイント解説 ラグビーW杯や五輪会場周辺の飛行禁止は大会期間中の時限措置。メディアは各組織委員会の同意を得て飛行できる。一方、基地周辺は恒久的に規制され、司令官の同意が必要になる。

 

五輪を前面、反対しにくい空気 「なぜ一律規制なのか」 <ドローン目隠し法案(5)>(沖縄タイムス) - Yahoo!ニュース

 

安全名目を悪用した上に基準自体が一切かかれていない、全て防衛省、米軍、自衛隊の判断を悪用したドローン規制法改悪に反対の声上げよう!上げない奴は政府の犬だ!!

 

おまけ

五輪を前面、反対しにくい空気 「なぜ一律規制なのか」 <ドローン目隠し法案(5)>(沖縄タイムス)のコメント一覧 - Yahoo!ニュース

 

立花響

 |  

このような左派機関誌が反対することは良いことなんだと思います。

スノーマン

 |  

サウジアラビアでドローン爆弾による攻撃が有ったの知らないのか。
また、ドローンが墜落して人的被害が出るとか考えないのか。
沖縄タイムスは知る権利の為なら人が怪我しても良いと言うのか。
沖縄タイムスに米軍を批判する権利は一切無い。

kam*****

 |  

先日ドローンによる攻撃の記事があったのに何を言ってるんだと。
そもそも人のいる可能性がある所でドローンを飛ばさないで欲しい。

sif*****

 |  

沖縄の朝日新聞としては、ドローンで何がしたいのかな。

sat*****

 |  

ドローンが自衛隊や米軍基地の上空を自由自在に飛び回れるほうが異常だってのは常識でしょ。仮に警察のドローンが沖縄タイムスの社屋の上を四六時中飛び回っても何も言わないのか?

沖縄県民

 |  

基地容認をし辛い空気を作っている人たちは誰なんでしょう?

asi*****

 |  

去年か一昨年辺りにグリーンピースが仏で
スーパーマンのハリボテ被せたドローンを原発のの使用済み燃料庫に突入させて
ドローンテロの危険性をアピールしたんだが

 

などなど。コメントしたやつら、全員ネトウヨだ!

関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/13470-86b347d4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫