FC2ブログ

石垣島自衛隊基地問題

 2019-05-15

 【石垣】沖縄県石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画に関する案件を調査する石垣市議会特別委員会(長山家康委員長)は14日、配備計画の賛否を問う住民投票条例案の審議を打ち切り、賛成少数で否決した。同条例案は市議会6月定例会本会議で委員会報告された後、全議員による採決で実施されるかどうかを決める。
 

「中略」 野党側は住民投票実施への賛成討論で「市民の関心も高く、住民投票をやることで(賛否双方の市民の)わだかまりを減らせると思う」とした。与党側は「住民投票により、わだかまりはさらに深まる」と反論した。

 長山委員長は取材に「2月に(直接請求を)否決した時よりも議論ができたと思う。平行線だったので、これ以上は議論にならないと感じた」とし、審議は尽くしたとの認識を示した。

 

政治
石垣住民投票を否決 陸自配備条例案 市議会特別委、打ち切り
2019年5月15日 05:00
陸上自衛隊配備計画 自衛隊配備 陸自配備 石垣市平得大俣 石垣市議会特別委員会 住民投票条例案 住民投票 長山家康

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-918287.html?fbclid=IwAR0PQxz764NA-VSJh5PKhr2OXHFZrpCrmUgViOo6tFUy8LrF0s56G9ZGiKM

 

沖縄県石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例案を審議する石垣市議会の特別委員会(長山家康委員長)は14日、市役所で第3回会合を開き、賛成少数で同条例案を否決した。6月17日開会予定の定例会で委員長が報告し、採決する。

 与野党が招致した計6人の参考人が条例案に賛成・反対の立場から意見陳述したが、与党の反対で質疑はなかった。「議論が深まらない」とする野党に対し、与党は「立場の違いは乗り越えられない」と反発し、採決を強行した。

 特別委での実質審議は一度もなく、野党は「結論ありきだ」と非難している。

自衛隊配備を問う住民投票案を否決 石垣市議会の特別委員会

5/15(水) 11:45配信

沖縄タイムスhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00419847-okinawat-oki

 

 

確かに中国軍は脅威だ!だが、自衛隊配置のほうがもっと問題ありだ!!分断しか生まん!!

関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/13467-343e390b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫