そもそも総研によしりんが事実上の指摘!

 2017-05-18

 

今、テレ朝の「そもそも総研」を見たが、石破茂氏の論法に騙されて、妙な話になっている。

TOC条約は現行法のままで入れる。
予備罪があるのだから凶悪な事件については、実行前に逮捕できるわけです。
TOC条約はテロ対策が目的ではないということは、条約の作成者が証言している。

この件は京都大学の高山佳奈子教授に取材した方がいい。
今回の共謀罪からは、「公権力による犯罪」は省かれているという重大な事実も指摘しておられる。

そして、政府が言うように「テロ等準備罪」という言葉を安易に使ってはならない。
これはテロ対策の法案ではなく、「共謀罪」であって、「監視」によって、「未だ犯さざる罪を裁く」法案であり、凶暴罪と言ってもいいくらいのものだ。

そして、石破茂氏が奇妙なことを言っていた。
誤まった「運用」をするような「政府」を国民が選ばなければいいというのだ。
三権分立が崩壊している現状は、独裁に近いようなものだが、独裁を国民が選ぶということもある!
これはナチスドイツの例で分かるだろう。 

さらに、凶暴罪の「運用」は「政府」がするものではない。
一旦成立したら、「警察」が「運用」するのだ。
政府が変わっても、凶暴罪は警察の犯罪捜査にすっかり組み入れられたものになり、監視社会は自明になってしまい、国民はそれに慣れてしまうのだ。
ロシアや中国の国民が、監視社会に慣れてしまっているのを見れば分かるだろう。

そんな社会にしたがる者は保守ではない。愛国者でもない。
玉川徹氏ともあろうものが、石破茂議員の老獪な言い回しに騙されてしまってはいけないぞ!

https://yoshinori-kobayashi.com/13125/

おい玉川徹!TOC条約は現行法のままで入れるぞ共謀罪なくともな。豚野郎石破の言うこと新辞典じゃねーよ!!共謀罪は政府が操るものだと思い込んでる馬鹿野郎が多いが正確には不自由主義者組織・警察が共謀罪を操んだよ共謀罪を!!不自由主義者組織警察による監視社会に慣れてしまったロシアと中国の国民を見ればわかるはずだ!そして監視社会を受け入れたロシアと中国国民どもは愛国者ではない!警察の奴隷じゃ!!クズだ!!虫けらだ!!!!!!とはいえ、来週にも衆議院通過することになる共謀罪。そうなったら成立阻止できなくなるかもしれない!

第三文明社から出版された『まんが・わたしたちの平和憲法』の最後の章を読んだが、トラウマになった。特に188から190pはむかついたよ!なんで警察官につかまって神風特攻隊みたいなことってんだよ_!!警察官ぶっころして国会ぶっ潰す展開に持ち込めなかったのかよ!!馬鹿だねーこの漫画書いた原作者ども!!というか、安倍による憲法改正の道を許しちまったのはこの漫画による影響だとも思えてきた。第二次世界大戦起きたのはゲッペルスのバカ妻がノストラダムスの大予言を読んだせいで起きたって言われてるほどだし。詳しくは『ゲッベルスーヒトラー帝国の演出者』(クルト・リース著、図書出版刊)を読もう。おやすみ!Heiwakenpo-hyoshi

unnamed-3 copy

http://seoul-life.blog.jp/archives/62149212.html

関連記事
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enfini00.blog.fc2.com/tb.php/11657-5b87baca
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫