FC2ブログ

12/02のツイートまとめ

 2019-12-03
euyaemeliarlien

RT @kotamama318: 「こいつはヘイトだ!名前と住所を公開したいから、送ってこい。反論はさせやる、名前と住所を教えたらなwww」大阪市から恫喝メールを受け取った際の対処法。維新って保守だと思っていたのに元民主より酷いの?@kotsubo48#拡散希望ht…
12-02 21:30

RT @kotsubo48: 【重要】ヘイト条例への対向処置。大阪市から恐怖のメールが届いた時の回答文案(成果事例あり)https://t.co/CD16vPZRbaヘイト審査会が恫喝的なメールを発信している件、「実際にヘイト審査会を黙らせた」回答書がこちらです。汎用性の…
12-02 21:30

RT @kotsubo48: 【成仏しそう】悪霊と、お経。 https://t.co/UBu3iAE5Jq今日は文字を紡ぐことができない。より美しく反物に触れたから。パワーダウンするような気もする。私は、きっと怨念で稼働している、悪霊のような側面があった。自覚もしていた…
12-02 21:30

RT @kotsubo48: @yoshidakoichiro 事実上の「日本人のみへの言論弾圧」として機能する、川崎ヘイト条例の問題点【ヤバイと思った人はシェア】https://t.co/nIJUW3iiwr大阪ヘイト条例の被害者相談の実体験から、ヘイト条例の問題を網羅…
12-02 21:30

RT @kotsubo48: .チベット本土からインドへ亡命した子供たちの絵https://t.co/cR9jKlkzBhリンク先をご覧ください。その絵を見てのち、もし貴方に心があるならば、RTをお願いします。できる方は英語圏にも。 https://t.co/nh
12-02 21:30

RT @genociderneo: 今から川崎市を救う方法。1.健全な日本人は川崎市から出ていく。2.反日キムチを川崎市に集める。3.川崎市を焼き払う。完璧じゃん#川崎市ヘイト条例#川崎市ヘイト条例を許せない #川崎市日本人差別条例反対
12-02 21:22

RT @mentaikocojp: 川崎市さぁ…落ちるとこまで落ちるんか?市議会丸ごと腐ってんのな#川崎市ヘイト条例
12-02 21:22

RT @iwakouji: こういう部分を是正しないから反対される。#川崎市日本人差別条例反対 #川崎市ヘイト条例 https://t.co/89rWCMIPwo
12-02 21:22

RT @jellicle018: 「日本人は誰でも殺せ」神奈川新聞はこの憎悪発言を問題ないと言う。神奈川新聞と極左弁護団、川崎市役所と川崎市議会、そして川崎の暴力集団と左翼が協力して、日本人を罰する条例を制定する。この売国奴どもをあなたは許せますか?断固条例阻止…
12-02 21:22

RT @jellicle018: 自民党川崎市議橋本勝団長殿@hashimoto12 @jimin_kohohttps://t.co/MaikTV9kW5斎藤市議、末永市議は互いを庇いあってますが市民を守る気はないようです。自民党市議団の市民への信義はどこにある?…
12-02 21:22

12/02のツイートまとめ の続きを読む

タグ :

日米FTA反対の声上げよう!

 2019-12-03

日米貿易協定、4日に国会承認へ 参院委可決、野党は反対

12/3(火) 17:53配信

共同通信

 日米貿易協定の承認案が3日、参院外交防衛委員会で可決され、4日の参院本会議で承認される見通しになった。野党は自動車追加関税を巡る日米首脳の協議内容を明らかにすることや、日本の自動車の関税撤廃が実現しない場合の経済効果を改めて試算するよう求めたが、政府は応じず審議は終了。野党の多くは可決に反対した。

 4日承認なら、来年1月1日に協定が発効する見通し。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000156-kyodonews-bus_all

 

 

たしかに野党がばかだったりしたせいで与党は勝ったかもしれない。だが、あきらめないほうがいい。与党に一矢報いたり、呪いかけたりすることはできるはず!抗議しよう!!↓

 

日米貿易協定の問題を挙げればきりがない。安倍政権はあれだけ米国との2国間交渉はしないと言っていたのに、なぜ環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を離脱した米国の要求を唯々諾々と受け入れたのか。しかもこの2国間交渉はあまりにも短期間過ぎる。日豪経済連携協定(EPA)は交渉から合意まで7年、TPP11は米国の離脱という事態をはさみ7年8カ月、日欧EPAも4年8カ月と時間をかけて交渉しているが、今回はたった5カ月。閣議決定も持ち回り閣議で行われ、相当急いだことが見てとれる。

さらなる自動車の関税撤廃などありえない

 しかも一方的にTPPを離脱した米国に「TPP水準ならOK」とメッセージを出したこと自体が国益を損ねている。同水準でいいならTPPに引き込めばいい。それができないのは米側が「取るものは取るが、何も譲らない」という交渉スタンスを取っていたからだ。交渉は「ギブ・アンド・テーク」。それなのに最初から譲っていたらそれ以上の交渉はできない。

政府は自動車や自動車部品の追加関税を回避できたことを成果と主張するが、日本は追加関税そのものの世界貿易機関(WTO)との整合性を問うべきだった。追加関税は、米通商拡大法232条で安全保障に脅威となる場合に課すことができるものであり、米国内では議論の末、条件に「該当する」という結論に達したようだが、果たして自動車輸入と安全保障はどう関連するのか。ご都合主義的な一方的解釈だと私は考える。

 にもかかわらず、日本はTPP水準だといってあっさり農産品を差し出し、自動車部門は結局、関税撤廃もできず現状のまま。今後の交渉で関税撤廃を勝ち取る、と強弁しているが、今の関税率でさえ米国にとっては“安全保障上の脅威”として追加関税をちらつかせてきたのに、撤廃して“さらなる脅威”を増やすことをアメリカ側が受け入れることは理屈からしてあり得ない。

 

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫