FC2ブログ

10/01のツイートまとめ

 2019-10-02
euyaemeliarlien

RT @Amakatz: と与太そのまま父さんしちゃえ>< #ISIS #反日電通 #ブラック企業 #セクハラ #パワハラ トヨタグループに部品不足影響拡大、愛知製鋼爆発-大震災以上の声も https://t.co/6hEO2igIu8
10-01 23:14

RT @n05w04: #反日電通 #反日TBS やっぱりね 電通・TBSに天罰がくだりますように~【衝撃情報】ジャーナリストの西村幸祐氏「TBS担当の電通の営業マン、6人中4人は在日韓国人及び純粋な韓国人」@チャンネル桜(動画あり) https://t.co/pfMsxc2
10-01 23:14

RT @Iv50F1NuJTrA9IU: #反日メディア で売れた❗#ローラ 父親は、#詐欺師 日本の #オールドメディア が 好きだよ #反日タレント 面白く無いタレント #千原ジュニア #反日電通 の お陰で #三億円豪邸 #吉本興業 #在日 なの❓ #千原兄弟 #在日枠…
10-01 23:14

RT @f_ytf: #反日電通https://t.co/PIDEJErLBd https://t.co/5BPeHr0EkV
10-01 23:14

RT @JI33603959: https://t.co/oLx8HslcvV 電通【韓国】がNHK【日本】を乗っ取った証拠➡️電通が中間に入って放映権売っただけで仲介手数料が150億円!!NHKの前会長の籾井が平均給料を1500万円にした。NHK社員の平均年収が1…
10-01 23:14

RT @mtfuji32: 森と電通とは最悪反日コンビ!電通が専任代理店に=20年東京五輪(時事通信) - Y!ニュース http://t.co/kJ8WKmKDo0、#反日電通、#電通、#森
10-01 23:14

RT @Fiomina: @yamatogokorous 激しく同意します。
10-01 23:13

RT @Amakatz: 金のある社会に疎いキモヲタ相手に金巻き上げるのかw #ISIS #セクハラ #ブラック #反日電通 #プリウス部品を擬人化
10-01 23:13

RT @nachinofall: #反日電通確かに、朝鮮系巨大組織の電通ですから、徹底して反日捏造報道を裏で取り仕切っています。またマスゴミ各社が残念ながら、その忠実なイヌとなっています。 https://t.co/4fU89htjk3
10-01 23:13

RT @JK1SJC: @dappi2019 #NHK,#TV局,#マスメディア,#反日,#反日電通TVは電〇(反日組織)に乗っ取られている。https://t.co/KGsK6Efrcx https://t.co/oXtjAjg1jR
10-01 23:13

10/01のツイートまとめ の続きを読む

タグ :

中国政府

 2019-10-02

プロパガンダに満ちた中国国防報告「新時代の中国国防」

 2019年版の中国国防白書「新時代的中国国防(China’s National Defense in the New Era)」が7月24日に公表された。

JBpressですべての写真や図表を見る

 今回の国防白書は、人民解放軍の大改革が2015年末に開始されてから初めて公表された白書であるという大きな特色がある。

 4年前に公表された2015年版国防白書は、「中国の軍事戦略」というタイトルで、軍事戦略に焦点を当てたものであったが、2019年版は主要な項目について網羅的に記述したものになっている。

 2019年国防白書を総括的に評価すると以下の4つの特徴がある。

①米国に対する厳しい批判

②台湾の独立に対する強い警告

③「中国は米国とは違って、世界平和に貢献し、人類運命共同体に貢献する国家である」というプロパガンダ

人民解放軍改革に関する簡単すぎる説明

 特に中国共産党プロパガンダについては、明らかに事実に反する嘘や、「言っていることと、やっていることが違う」主張が繰り返されている点には唖然とする。

 これは、中国共産党の体質的なものもあるが、米中覇権争いの中で米国よりも世界に貢献しているという点を強調し、国際的な支持を確保したいのであろう。「中略」

日本関連

 最後に日本関連の記述について紹介する。2015年版では、中国は日本を仮想敵として、「日本は戦後レジームからの脱却を目指し、軍事・安保政策の大幅な変更を進めている。その様な傾向は地域の他の諸国に重大な懸念を引き起こしている」と非難した。

 しかし、2019年版では直接日本を批判する表現はない。この背景には、米中覇権争いを背景として、この時点では日本を中国の敵にしたくないという中国側の思惑があると思われる。

「日本は、軍事安全保障政策を調整し、その投資を増やし、『戦後体制』の突破を追求し、軍事力を外向きに強化している」と記述しているが、特段批判的とは言えない。

 尖閣諸島(中国側は釣魚島と言っている)については、「中国は、国家主権と領土保全を断固として守る。南シナ海の島々と釣魚島は中国領土の不可分の一部だ。中国は、南シナ海の島嶼・岩礁におけるインフラ整備や必要な防衛力の配備、東シナ海の釣魚島でのパトロールなどのために国家主権を行使している」と記述し、「海上における安全保障上の脅威、侵害、挑発行為に断固として対応する」と記述している。

 いずれにしろ、我が国は中国という厄介な大国と今後とも付き合っていかざるを得ない。

 その際に、この国防白書を熟読し、中国共産党プロパガンダに惑わされることなく、日米同盟を上手く活用しながら、したたかに中国に対応していくべきであろう。

嘘に満ちた中国国防白書を読み解く | ニコニコニュース

この記事書いた奴、場合によっては中国とは腐れ縁になれとか言ってるようにしか読めん!

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫