09/06のツイートまとめ

 2017-09-07
euyaemeliarlien

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/Qi9mtCKA8r Super Doll Licca-chan Episode 35
09-06 22:00

“天木版アメリカ外交論 - ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン” https://t.co/ugVWQXhOfQ
09-06 20:09

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/GlKPOspBva Super Doll Licca-chan Episode 49
09-06 19:46

ピグキッチンに遊びに来てね!https://t.co/jLIKd7O7QP https://t.co/69c0PTLBKE
09-06 18:23

日記を更新しましたhttps://t.co/dT4fnTEelB #pigg #pigg_pic https://t.co/vOcubcgv0i
09-06 18:03

davidsunriseのblog : 安倍がロシアに対し… https://t.co/cf4J2iEHcR
09-06 17:00

[09月05日]のつぶやきをまとめました https://t.co/JRxnP1EXCF
09-06 07:02

はてなブログに投稿しました #はてなブログ赤旗版北朝鮮論 - ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョンhttps://t.co/p7NjfYYvx9 https://t.co/KoR4m3FTVh
09-06 00:01

タグ :

アイカツスターズ!

 2017-09-07
タグ :

日経ビジネスインタビュー・前川誠二

 2017-09-07
イメージ 1

 今年1月、文部科学省で、違法な再就職のあっせんを組織ぐるみで行っていた天下り問題の責任をとる形で、文科事務次官を退任した前川喜平氏。今年5月には、一連の加計学園問題について記者会見を開き、「行政のあり方がゆがめられた」などと語った。
 日経ビジネス8月28日号9月4日号の「敗軍の将、兵を語る」では2号にわたり、「天下り問題」と「行政のゆがみを正すことができなかった」ことなどについて前川氏が真摯に思いを述べている。日経ビジネスオンラインでは、敗軍の将に収録できなかったメディア対応の経緯やメディアへの思いについて、インタビュー形式で紹介する。
5月の記者会見で、「総理のご意向」などと書かれた文科省の内部文書を「本物」と認め、「公平公正であるべき行政のあり方がゆがめられた」「あったことをなかったことにすることはできない」などと証言したことが、結果として、加計学園問題をここまで大きくしました。
前川:まさか、この問題で国会に出て答弁することになるとは思っていませんでした。行きがかり上、こうなってしまったというか、乗りかかった船でここまできちゃったところがあります。
周到に準備を重ね、覚悟を持って告発に踏み切った、というわけではなかったと。
前川:もちろん、行政がゆがめられている、これは不当なことだ、おかしい、国民が知るべき真実なのではないか、という気持ちは確かに持っていました。だからこそ、記者会見の前の段階でいくつかのメディアからアプローチを受けた時に、いろいろなことをお話ししたわけです。
 私は、こういう事実があったんですよ、ということをありのままに述べておしまいだと思っていた。今でもそう思っているんですけれど、最初はそれを天下の公器であるNHKに話せばいいだろうと思っていました。

「黒塗り」で報じたNHKの意地

 一連の加計学園問題は、「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」などと書かれた文科省職員が作成したとされる内部文書の存在が明るみになって以降、大きく発展していった。
 この内部文書を、分かりやすい形で最初に報じたのは、5月17日の朝日新聞朝刊1面。同記事は、「『獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項』という題名の文書には、『平成30年(2018年)4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい』と記載。そのうえで『これは官邸の最高レベルが言っていること』と書かれている」と伝えた。
 しかし前川氏は、この文書を最初に“スクープ”していたのはNHKだったと話す。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫